ネイルについての基礎知識

キレイは指先から 正しいセルフネイルケア

ネイルに基本でもあるネイルケア。


健康で丈夫な爪を保つためにも重要です。
そして、ネイルアートをするにもネイルケアは欠かせません。


下準備でもあるネイルケアをしている爪としていない爪ではジェルネイルやマニキュアの仕上がりや持ちが違います。
きちんとネイルケアされていないと、ジェルネイルやマニキュアもすぐに剥がれたり、取れたりしてしまいます。


キレイにケアされた指はネイルアートした爪のクオリティもあげてくれるので、髪のお手入れやスキンケア同様に行うことをおすすめしたいです。


ネイルケアに必要な道具



エメリーボード・・・自爪用の目の細かいヤスリのことで、爪の長さや形を整えるときに使います。
目が細かいので爪への負担は少なく、削った後もキレイに出来ます。


ネイルファイル・・・人工爪用のヤスリで多くは金属製のものです。
爪を削って長さを調節する為のもので爪切りの代わりに使用されます。目が荒く早く削ることができる。


プッシャー・・・甘皮を処理するときに使用する道具。
必要以上に出た部分を削ったり押したりしてバランスを整えるときに使います。


ウッドスティック・・・甘皮の処理をするときに、コットンを巻いての代わりに使用することも出来ます。
また、ネイルアートでストーンを置いたり、シールを貼ったりするときにも活躍します。


キューティクルリムーバー・・・余計な甘皮や古くなった角質を柔らかくして処理しやすくするために使用します。
液状のものやクリーム状のものなど様々な形状があります。


キューティクルニッパー・・・取り除いた甘皮(ささくれ)など、余った皮をカットするための道具。
先端だけを切り、皮膚を傷つけないように使用しなければいけないので、技術が必要になります


キューティクルオイル・・・ネイルケアには欠かせない。爪や指先の乾燥を防ぐ保湿オイルです。
ネイルケアの後に塗ると、丈夫な爪が生えてくることを促進したり、ネイルの持ちが良くなるなどの効果があります。


バッファー・・・爪の表面を整えるために使うヤスリの1種。
エメリーボードやファイルと比べると、目の細かさがかなり細かく、爪の表面を磨く為の道具です。



正しいネイルケア方法

爪先をキレイにするのはもちろん、ネイルの持ちを良くするためにもネイルケアは必須です。


サロンでプロにネイルケアをしてもらいのが1番ですが、なかなか通えない人もいるでしょう。
自宅で自分でできるセルフネイルケアを紹介します。


ネイルケアの工程は3つ。
1.爪の形を整える(ファイリング)
2.甘皮・薄皮の処理(クリーンアップ)
3.保湿・マッサージ


上記でネイルケアに必要なグッズを紹介しましたが、エメリーボード・ウッドスティック・コットン・キューティクルリムーバー・プッシャー・キューティクルニッパー・キューティクルオイル・バッファーです。


一度に全部揃えるのは大変なので、エメリーボード・ウッドスティック・コットン・キューティクルリムーバー・キューティクルオイルだけ用意すればとりあえず最低限のケアは出来ます。


ネイルケア下準備


ネイルケアを行うタイミングで1番いいのは、お風呂あがりです。
適度に指先に水分を含んでいるのでケアするのにちょうどいい柔らかさです。


お風呂あがり出ない場合は、ぬるま湯に10分程度指先をつけておいて始めるといいでしょう。


爪の形を整える(ファイリング)

エメリーボードを使って爪の長さや形を整えます。
爪の長さを調整するときに爪切りを使う人もいますが、基本的に爪切りはNGです。
爪切りを使用すると、爪の層にダメージを与え二枚爪の原因になってしまいます。



エメリーボードは、爪に対して45度位の角度で、一定方向へ削ります
直角に当ててしまうと爪がひび割れしたり、二枚爪の原因になります。
また、一定方向へ削らないと爪の損傷の原因になるため、この2つは必ず守ることがファイリングの基本です。


削る順番は、まずは先端。そして、両サイド・コーナーの順番に行います。
両サイドは、爪の先端に向かって一定方向に。コーナーは外側から中心に向かって削り角を滑らかにしていきます。


爪の形は、ラウンド・オーバル・スクエア・スクエアオフ・ポインテッドなどあります。
自分の爪の長さに合わせて好みの形に整えます。
全体のバランスを見ながら1本1本長さや形を見ながら整えていきましょう。
*爪の形の詳細は>>>コチラ<<<


甘皮・薄皮の処理(クリーンアップ)

爪の形を整えることはセルフネイルをしているほとんどのヒトがしているでしょう。
ネイルケアで1番知られていないのが甘皮や薄皮の処理です。



ワタシもセルフネイルするのですが、甘皮の処理の正しいやり方を知らなかったので、今までしないでマニキュアしたりしてました。
そのせいなのか、ネイルの持ちもよくなく、すぐに剥げてしまったりと綺麗な状態が長持ち出来ませんでした。


手順を覚えれば、そんなに難しくはないそうです。
一緒に甘皮の処理方法を見ていきましょう。


そもそも、甘皮処理・薄皮の処理が必要な理由ですが、甘皮(キューティクル)はマトリックスを保護するための皮なのですが、必要以上に甘皮はあると爪の水分を奪ってしまい、爪が割れたり二枚爪になったりと爪を弱くしてしまう原因になるのです。


甘皮処理には、プッシャーかウッドスティックを使用します。
ウッドスティックを使用する場合は、先端をヤスリで丸くしてコットンを巻いて使用しましょう。


甘皮の処理方法

1.キューティクルリムーバーを少量ずつ甘皮付近につけて、揉み込むようにマッサージしてなじませます。


2.ぬるま湯に指先を入れて、油分や汚れを落としながら5分程度ふやかします。(指が入る容器ならなんでもフィンガーボウル代わりになります)


3.プッシャーまたは、コットンを巻いたウッドスティックの先端を水で少し湿らせ、爪の腋から根本に向かって円を描くように薄皮を押し上げていきます。
爪や皮膚を傷つけないようにして優しく力を抜いて押しましょう。


4.甘皮を押し終えたら、濡らしたガーゼで優しく拭き取ってもいきます。
除去しきれなかった甘皮やささくれは、キューティクルニッパーで処理します。


5.最後にバッファーで爪の表面を優しく磨き、凸凹をなくしていきます。


甘皮・薄皮の処理は10日から2週間程度が理想的です☆


保湿・マッサージ

ネイルケア最後の仕上げは、キューティクルオイルで保湿・マッサージです。


ケア後の爪は油分を失って乾燥しています。
キューティクルオイルで保湿してあげることで、甘皮の下にあるマトリックスに栄養が行き届き、健康な爪が育成できるのです。



方法は簡単。
甘皮の周囲にキューティクルオイルを塗って、優しく揉み込むように浸透させていきます。
この時に、爪の生え際を両サイドから少し強めに押したり、甘皮部分をクルクル円を描くようにマッサージしてあげると、マトリックスに刺激を与えて爪の伸びも早くなるようですよ!!


キューティクルもマニキュアのようなタイプ・手軽なペンタイプ・チューブタイプなど様々です。
また、アロマ効果もあるものもあるので、自分に合ったタイプのキューティクルオイルを探してみましょう。


セルフネイル派でもサロンネイル派でも、キューティクルオイルは持っておきたい1つです☆


関連記事
爪を丈夫に早く伸ばす方法
ネイルサロンで何ができる??セルフではできない サロンの技術
セルフジェルネイルのやり方 失敗しない塗り方とポイントを伝授


<<<前の記事 老若男女からネイルアートが人気の理由




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ