ネイルについての基礎知識

爪の整え方 長さ・形・種類の特徴

手がきれいな女性は好印象を抱かれます。爪の形の整え方1つでとてもキレイな手にみえるようになります。


キレイに見える爪の整え方・形の種類を見ていきましょう。

基本的な形の種類は、スクエア・スクエアオフ・オーバル・ラウンド・ポインテッドの5つ。
もっともナチュラルで一般的な形がラウンドです。



ラウンド


サイドがストレートで先端部分は緩やかなカーブが特徴で、指先を長く細く見せる効果があリます。
比較的強度もあり、爪が小さい・縦幅が短い爪のヒトにオススメの形です。


【ラウンドの整え方】
エメリーボードorファイルを使用して45度の角度で先端を好みの長さになるまで平らに削っていきます。
(おすすめの長さは指の先端よりも2‐3mm出るくらいが1番キレイに見えます)
爪の角両側を端から中央へ向かって丸みを持たせて一定方向に削ります。
カーブが左右対称になるようこまめに角度を変えながらに調整していきます。


オーバル


ラウンドの角をさらに削って、先端・側面に丸みをつけた卵のような形が特徴。
フェミニンな印象を与え可愛らしい雰囲気を感じさせる形。指先をほっそりキレイに見せたいヒトにオススメの形です。
爪が大きくてゴツゴツした指や、強度は弱いので爪が硬くて丈夫なヒト向きの形です。


【オーバルの整え方】
爪に対して30度の角度でエメリーボードorファイルをあてて好みの長さまで先端を平らに削っていきます。
爪の両端を端から中央へ向かってラウンドよりも角度をつけて削り卵形に整えていきます。
オーバルをキレイにするポイントは、左右のカーブの始まり部分の高さを対称にすることです。


スクエア


爪の根元から先端まで同じ幅で、先端の両側が直角。
クールで大人っぽい印象を与える形です。


爪先がまっすぐなので負担が均一にかかるのでもっとも強度が高い
短くすればパソコンをよく使うデスクワークのヒト向けで、平べったい爪のヒトにもオススメの形です。

強度は高いのですが難点は角が引っかかりやすいのところです。


【スクエアの整え方】
エメリーボードorファイルを爪に対して90度にまっすぐ当てて、先端・両サイドを一定方向に好みの長さまで削っていきます。
根本かた先端まで爪が同じ幅になりようにしましょう。


スクエアオフ


スクエアの角に丸みをつけた形。
1番爪が長くみえて、衝撃にも強く強度はもっとも高い形です。
スクエアの欠点である、引っかかりやすい角を削るので、最強に丈夫な形といえるでしょう。


爪を長く伸ばしたいヒトや、爪が弱くてすぐに欠けたり二枚爪になるヒトにオススメです。
また、巻き爪にもなりにくいので、ペディキュアにも適した形でしょう。


【スクエアオフの整え方】
エメリーボードorファイルを爪に対して90度にまっすぐ当てて、先端を好みの長さまで一定方向に削ります。
角ばった両端を、端から中央へ向かって削り丸みをつけます。指が触れた時に痛くない程度がちょうどいい角度です。
(両端を削り過ぎてしまうとラウンドになってしまうので、削り過ぎないように注意しましょう)


ポインテッド


爪の先端が尖った形。


強度が弱くかけやすく折れやすいので、ネイル初心者には向いていません。
爪を強化することができるスカルプチュアやジェルネイルなどで人気が高い形です。
個性を出したい。大人っぽくセクシーな雰囲気が出したい時にオススメの形です。


先が尖っているので日常生活に支障を与えたり、現在の異本では上品な印象をあたえないので、自爪には不向きの形なのでこの形にしているヒトは少ないです。


【ポインテッドの整え方】
エメリーボードorファイルで爪に対して45度で両端を中央へ向かって一定方向にまっすぐ削っていきます。
爪の先端に向かうに連れて徐々に細くとがるように調整しながら削っていきます。


爪の長さ・形・種類の特徴を踏まえて自分の指の形、爪の長さや強度に合わせて形を整えましょう。


関連記事
キレイは指先から 正しいセルフネイルケア
爪は清潔感の基準 あなたの爪は大丈夫ですか??
起こりやすい爪のトラブルとその対処法
ネイルに関わる専門用語を解説☆


<<<前の記事 キレイは指先から 正しいセルフネイルケア




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ