ネイルについての基礎知識

起こりやすい爪のトラブルとその対処法

爪のトラブルって意外と多いものです。 何かしら爪のトラブルに悩んでいるヒトは約7割も存在しているといいます。


爪のトラブルはどんなものがあるのでしょうか??


爪がもろくなる(割れる・欠ける・折れる)
二枚爪(爪甲剥離)
爪の表面が凸凹
巻き爪
グリーンネイル
陥入爪
爪甲縦裂症
爪鉤湾症
爪白癬
匙状爪(スプーンネイル)
爪が反り返る
爪に白い点がでる
黒ずみ
ささくれ など・・・


爪トラブルの原因


爪トラブルでもっとも多い原因が『乾燥』です。
爪は皮膚の一部で髪の毛と同じ成分 ケラチンから構成されています。自己再生できないので、きちんと保湿ケアをしてあげることが大切なのです。



爪が欠ける・折れる・割れる、二枚爪、爪甲縦裂症、縦筋が入る、ささくれなどは爪や爪周りの皮膚の乾燥が大きな原因です。
爪は外部からの刺激を受けやすく、空気が乾燥している冬や、食器洗い、リムーバーの使用、過度のダイエットなどが要因となり爪が乾燥しやすくなってしまっているのです。



二枚爪


1度はなったことがある。というヒトは多いと思います。
二枚爪とは、爪に空気が入り込んで爪の先端がもろくなり1番表面の層 背爪が剥がれてしまうこと。



爪の油分や水分量が足りなくて乾燥し、もろくなっている状態なので繰り返しやすいのも特徴です。
せっかく伸ばしても二枚爪になってしまうと、薄くなった先端から折れてしまったりと、爪がキレイに伸びなくなります。

そして、栄養不足・血行不良・冷えも原因と考えられます。
爪の構成主成分でもあるたんぱく質と、鉄分不足による貧血により血行が悪くなり、二枚爪となる場合もあるのです。
逆に二枚爪で貧血が見つかったケースもあるなど、貧血と二枚爪は関係性が深いようです。


また、爪切りで切ったり、ストレスポイントまで深く切ってしまったりすることでも二枚爪になりやすくなるので注意しましょう。


二枚爪の対処方法


二枚爪の対処方法としては、キューティクルオイルやハンドクリームなどでとにかく乾燥を防ぐことです!!


食器洗いなどは手袋をして行うようにしたり、マニキュアやリムーバーを使う回数を極力減らし、ハンドクリームをこまめに塗るなど保湿することを心がけましょう。


二枚爪になってしまった場合の応急処置は、剥がれた部分が引っかからないように、爪切りやつめ用はさみなどで切ってしまいましょう。
そして、エメリーボードやファイル、バッファーで調節して引っかからないようにしておくと悪化しません。


爪が薄い・欠ける・割れる

もともと、爪が薄かったりすると爪もかけやすく折れやすい。
指で押すだけでクニャっと曲がってしまうようなペラペラの爪は指先より伸ばすことが難しいです。


爪が弱い・割れやすい原因は、栄養不足・冷え性による血行不良・乾燥です。



爪が薄い・欠ける・割れるの対処方法


栄養を補給して爪を丈夫にすることが必要です。
爪を強化するために必要な栄養素はビタミンAやたんぱく質


ビタミンAは人参やにら・ほうれん草などの緑黄色野菜の多く含まれます。
そして、肉や魚などの動物性たんぱく質は爪に弾力を与え、豆腐などの植物性たんぱく質は爪を丈夫にする効果があるので、積極的に摂取したい栄養素です。


凸凹爪


爪の表面に横線や凹みができた爪。
触ると凸凹し、波を打ったような爪で、爪が凸凹になる要因の多くは、一時的に爪の根本にダメージがかかり爪の成長にムラができること。


体調不良やストレス・過労・睡眠不足などの生活習慣の乱れ・爪先に常に負担がかかることで起こります。
親指だけが凸凹の場合、精神的なストレスが原因の場合が多いようです。


全部の指の爪が凸凹波を打っているような状態は全身に関わる疾患の可能性もあるので、内科を受診することをおすすめします。


凸凹爪の対処方法


爪の凸凹になってしまったら、ベースコートやベースジェルで滑らかにしてから、マニキュアやジェルネイルなどをするといいでしょう。ただし、やり過ぎると爪が薄くなってしまうのでほどほどに。


凸凹爪も保湿が有効です。
爪や爪と皮膚の間にもしっかりとハンドクリームを塗って、保湿手袋をはめて就寝すると効果が高まります。



ささくれ


ささくれは、爪周辺の皮膚がひどく乾燥してしまい、白くかたくなり、皮が剥けたりひび割れたりすることです。
乾燥・ネイルやジェルネイル、栄養不足、血行不良や体調不良など様々な原因があります。
ささくれができると、体調不良のサインともいいます。


単なるささくれと思いがちですが、ささくれが悪化すると化膿したり感染症にかかったりする可能性もあります。


ささくれの対処方法


ささくれができてしまったら、無理に引っ張ったりしないで、爪切りやはさみでカット。そして、しっかり保湿してささくれを予防しましょう。


皮膚の主成分である、たんぱく質や肌の状態を健康に保つビタミンやミネラルもしっかり摂るようにすることで、ささくれをできにくくしてくれます。


巻き爪

巻き爪・・・爪の端が内側に巻き込んだ状態。巻いた爪が肉にくいこんで炎症を起こし激しい痛みを伴います。基本的に足の爪に起こります。



巻き爪にも種類があり、爪の両ワキの角が食い込むのが陥入爪・爪全体が弯曲しながら伸びていくのを湾曲爪 一般的に巻き爪と言われるものです。


巻き爪・陥入爪の原因は、サイズが合わない靴による圧迫・深爪・爪の形状(遺伝)・加齢・スポーツ・肥満などです。


軽度の巻き爪の対処方法


1.スクエアカット
爪を四角くカット(スクエアカット)することで、皮膚に巻き込みにくくします。
爪が短く端が丸くなっていると伸びた時に、肉に食い込みやすくなるのでストレスポイントより長めにしてスクエアカットしておけば、軽度の場合改善していくでしょう。


2.コットンパッキング
巻き爪の応急処置としてよくおこなわれる方法です。)お風呂あがりなど、爪が柔らかくなっているときに、米粒大に丸めたコットンを爪と肉の間につめて隙間を作っていって、指の先まで伸びるのを待つ方法。


指の上まで伸びてしまえば、刺さらなくなります。
ポイントは一度のたくさんのコットンをつめないことです。


3.テーピング
軽い陥入爪の場合、このテーピングがオススメの対処方法です。


食い込んでいる皮膚を外側か下にテーピングで引っ張り爪から離す方法。
深爪してしまったなど、一時的な陥入爪の場合、伸びてくるまでこの方法を続けるだけで、改善出来ます。


中度から重度の巻き爪は、VHO式矯正法や超弾性ワイヤー法・プレート矯正法などの方法がありますが、皮膚科できちんと治療してもらいましょう。自己流でやっていると悪化してしまうことがあります。


爪白癬


いわゆる爪水虫です。
爪のなかに水虫菌(白癬菌)が入り込んで、爪がボロボロになってしまうのが爪白癬です。
感染症の1つで爪の病気で1番多いんだそうです。


爪が白く濁っていたり、黄色く変色していたりしていたら、爪白癬かもしれません。
時間が経過すると、濁った部分が広がり、もろく分厚く変形したりしてポロポロと剥がれ落ちていきます。
爪なので、痛みや痒みは生じませんが、周囲の皮膚に痒みがでたり、分厚く変形してくつなどにあたって痛みが起こることもあります。


爪白癬の対処方法


また、白癬菌は感染力が強いので、家族にうつしてしまうことが考えられるので、おかしいな?と感じたら早めに皮膚科へ受診しましょう。


爪白癬を防ぐには日常的にケアして、爪に垢や汗が溜まったままにならないよう清潔にしておくことが1番の予防法です。


グリーンネイル

ジェルネイルやスカルプチュアなどのネイルを楽しみたいなら、知っておきたいのがグリーンネイルです。


グリーンネイルとは、ジェルネイルなどを放置しておくと自爪が黄色から黄緑・緑色に変色してしていく症状で、原因は緑膿菌というカビ菌です。


ジェルネイルやスカルプチュアが浮いてきているのに、対処しないで放置しておくとジェルと自爪の間に水が入り、湿気などが原因となり緑膿菌が発生してしまうのです。


特に発生しやすい時期は、梅雨・夏。
ジメジメと空気も湿っていたり、ネイルと自爪に湿気を持ちやすくなる気温が高い時期は注意が必要です。


また、セルフネイルでつけ爪(ネイルチップ)を繰り返し装着することでも起きます。


グリーンネイルの対処方法


グリーンネイルに気がついたら、とにかく早くネイルをオフすることです。


オフしたら、しばらくネイルはお休みしたほうが爪のためにはいいでしょう。
中度以上の症状の場合はオフ後に皮膚科へ行くことおすすめします。


グリーンネイルは薬ですぐに治すことはできません。
状態にもよりますが、2ヶ月から半年程度かかるといいます。
グリーンネイルは、爪白癬やカンジタも併発しやすいので、自己判断しないで専門医に見てもらいましょう。


グリーンネイルを予防するためには、常に清潔にする・乾燥させることが必要です。


そして、ジェルネイルを維持するためにお金がかかるので、少しでも長く持たせたい!!という気持ちはわかりますが、3週間から4週間を目安に付け替えなどのお手入れをすることが大切です。


関連記事
基本中の基本! 爪の構造と役割 -コレを知らなきゃネイルは語れない-
ネイルに関わる専門用語を解説☆
あきらめないで!!本当にネイルサロンが必要な人は短かい・薄い・弱い爪の人なんです!!


おすすめ☆ネイルケアグッス→【MIRANGA ジェルトップコートモイスト】&【美爪の休日 プレミアム】


<<<前の記事 爪の整え方 長さ・形・種類の特徴




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ