ネイルについての基礎知識

爪を丈夫に早く伸ばす方法

爪を切りすぎてしまった 爪が折れてしまったなど早く爪を伸ばしたい!!と思ったことないでしょうか??


爪が短いと指も短くみえたりと、特に女性はキレイな長い爪に憧れます。



ワタシ自身、爪が弱くてすぐに欠けたり折れたり、二枚爪になってしまって、両手の指全部が指先から爪が出ることがほとんどありません・・・


爪の伸びるスピード


爪が伸びるスピードは、平均して1日約0.1mm程度しか伸びません。
1ヶ月3mm程度ということです。
爪が全部生え変わるまでには、手の爪は約半年、足の爪は1年弱かかるんだそうです。


指を挟んだり、物を落としたりして、爪の内部が内出血した時、出血の跡がなくなるのに半年ほどかかっていました。

足の爪に物を落として爪が剥がれたときも、ネイルベット全体に爪が生えてくるのに1年近くかかったような記憶もあります。


どうしたら、丈夫で健康的な爪を早く伸ばすことができるのでしょうか??



爪を早く伸ばすためには??


そのためには、新陳代謝を高める事が必要です。


爪は皮膚の一部。
皮膚は新陳代謝でどんどん新しい細胞が作られ生まれ変わっていきます。
爪も同様で、爪母基で新しい爪が生まれると、古い爪がどんどん押し上げられて伸びていきます。


新陳代謝を高める=新しい爪が生まれる=爪が伸びるということです。


では、新陳代謝を高めるためには何をしたらいいのでしょう?


保湿


まずは保湿。
爪やその周囲の水分や油分が不足していると、爪のターンオーバーが乱れ、爪の伸びも遅くなってしまいます。
しっかり保湿してあげることで割れにくい丈夫な爪になってきます。



ハンドクリームでもOKですが、爪や爪の周囲にしっかりと塗りこむようにしましょう。


1番のオススメはキューティクルオイルです。
ハンドクリームよりも皮膚への浸透性が高いので、爪の成長や爪周囲の乾燥やささくれ防止にも効果があります。


キューティクルも価格はピンきり。
毎日数回ぬることで乾燥を防ぐことができるので、継続できるような価格帯の物をセレクトした方がいいですね。
高級な物を買って1日1回しか塗らないよりは、比較的安価なものを数回塗ったほうが効果が高いようですよ!!


マッサージする
キューティクルオイルやハンドクリームを塗ったときに、一緒にマッサージをするとさらに効果的です。
爪の根元の爪母基を反対の親指で、気持ちが良いと感じる程度の強さで円を描くようにマッサージします。


爪の生え際 両角の3mm程度下にあるツボを押すと、血流が良くなり爪の成長を促進してくれます。
指1本の対して、約10秒間くらい強弱をつけながら揉み押すとさらに効果的☆


温める

身体を温めることで新陳代謝も良くなります。
新陳代謝が活発になると血液循環がよくなり、爪のターンオーバーも正常化。


また季節によって伸びるスピードも違います。夏は新陳代謝が活発になるため伸びやすいんだそうです。


寒い時期は、お風呂がオススメ。
爪をお湯で温めることで成長に影響するんだそうです。
お風呂でなくてもフィンガーボウルのお湯を張って、つけるだけでも効果がぐんと上がるでしょう。



爪に必要な栄養をしっかり摂る

爪にとって必要な栄養を摂ることも重要です。


爪は皮膚の一部でケラチンから構成されています。ケラチンはたんぱく質が変化したもの。


ですから、爪の主成分であるたんぱく質の摂取は必須です!!


たんぱく質は、皮膚だけでなく筋肉や内臓などワタシ達の身体の主成分でもあり、とっても大切な栄養素。
生命維持のために供給する優先順位があるので、たんぱく質が不足すると爪にまで行き届かなくなってしまうのです。


1日に必要なたんぱく質の量は 成人男性で50g、成人女性が40gです。
この量は、3食バランスよく食事をしていれば不足することがない量。
しかし、ダイエットや不規則な食生活をしていると不足しがち。


プロテインや大豆製品で補給することが必要になってきます。


たんぱく質だけ取ればいいのか??
そうではありません。


たんぱく質の吸収や代謝を良くするためのサポート栄養素をとることで、もっと効率よく栄養を吸収することがで着ます。

たんぱく質の代謝促進・細胞の再生や成長を促進するビタミンB2
ビタミンB2は豚レバーやうなぎ、納豆やいくらい多く含まれています。


ケラチンの生成に大きく関わるビタミンB6
摂取したたんぱく質の量よりも、多く摂取する必要がある栄養素です。


ビタミンB6を多く含む食品は、にんにく・まぐろ・かつお・鶏挽き肉など・・・


コラーゲンの生成を促し肌を健康に保つビタミンC
レモン・アセロラ・イチゴ・キウイなどのフルーツ、野菜に豊富に含まれています。


皮膚や爪の新陳代謝をアップさせて成長を促進する亜鉛
牡蠣やしじみ、牛肉などに多く含まれています。


亜鉛は日本人が不足しやすい栄養素の1つ。
食品から必要量の亜鉛を摂ることはなかなか大変なので、サプリメントを併用すると十分な量をおぎなうことができます。


丈夫に早く爪を伸ばすためにできることは、保湿・マッサージ・温める・栄養を摂ることです。


爪が伸びるスピードには個人差がある


しかし、ヒトによって爪が伸びるのが異常に早かったり、とても遅かったりと個人差があります。
その違いはなんなのでしょう??


まず、手の爪と足の爪ので伸びるスピードが違います。
冒頭でも書いたように、爪がすべて生え変わる期間が倍くらい違うのです。手の爪でも利き手の方が早く伸びるそうです。


爪が伸びるのが早いヒトは、指先をよく使うヒトといえます。
ある程度刺激を与えられたほうが爪は伸びやすく、パソコン(キーボード)を使って作業をするひとは比較的伸びが早いそうです。


よく使う指の方が伸びるスピードが早く、中指→薬指→人差し指→親指→小指の順。
ただし、よく使う指は折れたり欠けたりもし安いので注意が必要でしょう。

そして、もう1つ。
年齢によっても違いがあります。大人よりも子供のほうが、爪が伸びるのは早いです。
子供のほうが新陳代謝が活発なので、伸びるのが早いのですね。


爪が早く伸びるヒトは、平均の約1.7倍の速さで、1週間に1.2cm程度伸びることもあるんだそうですよ!!


多少の個人差はありますが、努力次第で丈夫な爪を早く伸ばすことは可能です☆
爪の伸びを早くすることで髪や肌も同時に健康になるので、女性の皆さんは是非試してもらいたいです。


関連記事
基本中の基本! 爪の構造と役割 -コレを知らなきゃネイルは語れない-
キレイは指先から 正しいセルフネイルケア
あきらめないで!!本当にネイルサロンが必要な人は短かい・薄い・弱い爪の人なんです!!


<<<前の記事 起こりやすい爪のトラブルとその対処法




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ