ネイルについての基礎知識

爪は清潔感の基準 あなたの爪は大丈夫ですか??

あなたは清潔感をどこをみて判断していますか??


髪(寝癖やフケがないか)、服装(汚れ・シワなど)、顔(ヒゲ・鼻毛・目やになど)清潔感がないな。と感じる所は様々です。
爪も例外ではありません。


爪は意外と見られている箇所。
ビジネスシーンでも、名刺の受け渡しやコーヒーなどのカップを持った時や食事中など、手に目がいくことはしばしばあるでしょう。



そんな時に、必要以上に長く伸びた爪、爪が汚れている、垢が溜まっている、深爪しているそんな爪を見てしまうと、どんなにキレイ(カッコいい)でも、おしゃれでも幻滅してしまいます。


清潔感って最低限の身だしなみ。
例えば、肥満気味のひとでも、汗をハンカチでふいたりニオイにも気をつけていれば不潔と感じません。
でも、汗をかきっぱなしで汗臭かったりすると、清潔感を感じないどころか不潔・だらしないという印象を受けてしまいます。


爪に関しても、爪垢が溜まっていたり汚れた爪の手で、食べ物を取り分けられたら、正直『えっ・・・!』となってしまいます。
特に女性は長く伸ばすならケアすることが大事です。ただ単に長いだけだと伸ばしっぱなしでだらしないという印象。


トップコートを塗ってピカピカにしておくだけで、印象は良くなります。


そして、甘皮の処理やささくれなど、きちんとケアされているかも重要なポイント
爪だけでなく、手荒れや指毛の処理も怠っていると清潔感は生まれません。


また、やり過ぎたネイルも清潔感は感じません。
爪の形も、ポインテッドよりもラウンドやオーバルの方が印象がいいですし、色も濃いカラーよりは薄いカラーの方が清潔感を感じやすいです。



アートも全部の爪にゴテゴテするよりはシンプルに1本だけにしてみたり、TPOに合わせてネイルを選ぶことも大切です。


男性の中には、奇抜なネイルしている女性は清潔感をかんじない・女性らしさを感じないという意見もあります。
アートされた長い爪で、食事を作られると、アートの一部が入っているかも・・・綺麗に手が洗えているのか?など思ってしまうこともあるようです。


アートを楽しむにしても、必要以上の長さにしない・デザインもなるべくシンプルなものにすることが、清潔感を与える爪といえるのでしょう。

関連記事
老若男女からネイルアートが人気の理由
キレイは指先から 正しいセルフネイルケア
ネイルサロンで何ができる??セルフではできない サロンの技術


<<<前の記事 爪を丈夫に早く伸ばす方法




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ