ネイルについての基礎知識

爪の状態で健康かどうかが分かる? 

爪をみたら健康状態が分かる!!という話は聞いたことがあるでしょう。


爪の色や形・爪の表面の模様などで、どんな病気が潜んでいるか、過去に体調を崩した時期なども爪を見ればわかるというほど、爪は健康状態に大きく関わっているのです。


爪の異常は、生まれつきの先天性のものと怪我や病気などが原因の後天性のものがあります。
爪白癬やグリーンネイル・巻き爪のように爪自体の疾患もありますが、全身に関わる疾患を表す爪の状態を紹介していきましょう。


爪の色


健康な爪の色はほんのりピンク色です。爪の色で、どんな病気が潜んでいるのかが推測できます。



白っぽい・青白い
爪が白っぽい場合、貧血や肝臓病の疑い


赤っぽい
爪が赤っぽい場合、脳血栓・心筋梗塞・多血症など血液循環系の疾患が疑われます。


赤黒い
肝硬変・肝臓病・ホルモン異常など


黒紫っぽい
悪性貧血や腎臓病・肝臓病・心臓病・肺疾患・膠原病の疑い


黄色っぽい
爪甲剥離症・爪白癬・黄色爪症候群など爪の疾患の疑いや、胆汁分泌障害など


緑っぽい
緑膿菌に感染した疑い(グリーンネイル)


爪の形

ばち状爪
太鼓のバチのような形をした爪で、血液循環障害が起こるとなりやすいです。



心臓病・肝臓がん・肺がんなどの大きな病気が隠れていることがあり注意が必要な形です。
爪の中央が膨らんでいる場合、COPD(慢性閉塞性肺疾患)・肺がん・心臓病の疑いがあるので、専門医に受診されることを勧めます。


スプーンネイル
匙状爪とも呼ばれ、爪がスプーンのような形をしていて反り返ってしまっている状態。女性に多いです。
鉄欠乏性貧血や、子宮筋腫・子宮内膜症の可能性があります。


爪の凹み
爪に点状の凹みがある場合、円形脱毛症の疑いがあります、
実際、円形脱毛症になったヒトの約25%が小さな凹みが爪にあったそうです。


点状の凹みは多数ある場合は、乾癬などの皮膚病疑いがあります。


爪甲剥離症
爪甲が爪床から剥がれてしまう症状。
甲状腺の病気(バセドウ病)や多汗症・カンジタ感染の疑いがあります。


爪の表面

縦筋
爪の表面の縦筋は乾燥や加齢が原因。
年齢とともに衰える胃腸の働きや吸収力の低下が表れていますが、病気によるものでないことがほとんどで心配いらない症状です。


横筋(凸凹)
手術後や熱性の疾患などで栄養状態が悪くなった時に起こることが多いです。
凸凹の溝が深い場合、内臓疾患の兆候の可能性もあります。



また、症状が現れる指によって病気の種類が予測出来ます。

親指だけ・・・過労やストレスなど現在の精神状態がよくないことを示しています。

人差し指だけ・・・湿疹や皮膚炎など慢性的な皮膚疾患がある人

中指だけ・・・尿酸の排泄が不十分など、排尿系のトラブル

薬指だけ・・・眼病・気管支炎など

小指だけ・・・神経痛など神経系トラブル


このように、爪の状態で病気の予兆やかかりやすい病気を知ることができます。


マニキュアやジェルネイルなどをしている、爪の色や表面の変化がわかりません。
オフした時にチェックしたり、定期的にネイルを休止して爪を休憩させてあげる期間を作ってあげることも必要ですね。

関連記事
起こりやすい爪のトラブルとその対処法
おすすめ☆ネイルケアグッズ


<<<前の記事 爪は清潔感の基準 あなたの爪は大丈夫ですか??




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ