セルフネイルが人気の理由

身近なものでこんなデザインもできちゃう!!? セルフネイルの裏ワザ!

最近TVや雑誌でも紹介されたりしていますが、身近な物を使って簡単に高度なネイルアートができる方法があります。

わざわざ、ネイル用品を揃えなくても日用品で代用出来てしまうものをまとめてみました☆


爪楊枝


爪楊枝は細い方と太い方、両方用途が違います。


太い方はドットを書くときにとても便利。そして、ストーンやホログラムを置くときにも重宝します。



細い方は、ハート・ドット・花・レオパード柄などの模様を書くときに使えます。


ハートの書き方
爪に並べて2箇所にマニキュアをおいて、それぞれの中央へ向かって爪楊枝で引くとハートの出来上がり!!


好きなカラーを爪楊枝の先端につけて、ペンのように使用すれば様々なアートが楽しめます。
爪楊枝だけでなく、大きめのドットを書きたいなら。綿棒やヘアピンでも代用可。

*ラップやお弁当用のカップなどをパレット代わりにしてマニキュアを出しておくと使いやすいです。


テープ・シール

テープやシールは塗りたくない所をカバーしてくれます。この特長を利用して様々な模様をつけることができます。


セロハンテープやラインテープ、シールなどを使用しすれば、フレンチネイル・ボーダー柄、チェック柄が簡単に出来ます。
また、好きな形にカットして爪に張っておくと、その柄を繰り抜いた模様にしたりできます。ちょっとした工作の感覚ですね(笑)


小さいので形を整えるのが大変なら市販のシールを代用してもいいですね。簡単に貼るだけで可愛い形にくり抜けます。


マスキングテープ
『マステネイル』とも呼ばれ、ベースコートを塗った爪にマスキングテープを張って、余分な部分を切り取ってトップコートを塗るだけ。


爪先の一部にだけ貼れば簡単フレンチネイル。
マスキングテープの貼り方も色々アレンジでき、カラーも柄や模様もいっぱい。
キャラクターなどのテープなら柄に合わせてカットして配置すれば、キャラネイルも簡単♪♪


種類があるのでマステネイルだけマスターしておいても可愛いネイルができちゃいますね。



絆創膏


絆創膏もテープやシールと基本的にできることは同じです。


違いは、絆創膏は端の丸みを使うとキレイなカーブのフレンチネイルに仕上がります。


そして、絆創膏にある空気穴を利用してドット柄を簡単に描くことが出来ます。


ベースカラーをあらかじめ塗っておき、完全に乾かしておきます。
乾いたら、接着力を弱くしておいた絆創膏(空気穴がある部分)を爪に張って、ベースとは違う色(ドットのカラー)を塗ります。


ある程度乾いたら、絆創膏をはがすとキレイなドット柄の出来上がり♪♪


穴あけパンチ


ハート・星・花などの形のパンチで、絆創膏やテープを繰り抜くと、繰り抜きネイルと形の両方やることができます。
ポイントとなる指だけにしてみたり、交互にアートしても可愛いですね。


アイシャドウチップ

アイシャドウ用のチップを使うと、ハートのフレンチネイルが簡単に出来ます。



シャドウ用のチップの丸みを利用してハートの丸み部分を描きます。筆を使って書くよりも簡単でキレイにハートフレンチが完成します☆


レース


レースを使用してレース柄にも出来ます。
ベースカラーを塗っておいて、その上にレースを置き、白(好きなカラーでOK)を塗っていくと柄の隙間に白色がついてレース柄になります。



レースだけでなく、みかんやおくらのネットも使えます!!


ペン類


ポスカ・油性ペン・ボールペンなどのペン類を使って、ベースコートやベースカラーを塗った爪に直接お絵かきする落書きネイル
ネイルを先にぬっているので、落とす時もリムーバーで簡単に落とすことができるので安心です。


ドットもペンなら大きさも均一に書きやすいですし、ハートや星、花柄や文字など、好きな絵柄を書ける自由さがあります。
細いペンを使えば、小さな爪でもいろんな色を使って書くことも可能です。
絵が上手な人なら、キャラクターなども自由自在。


また、シャープペンは細い線や点を書くときに便利です。


爪楊枝+紙コップ


紙コップと爪楊枝を使ってウォーターマーブルをすることができます。
サロンでも技術とセンスが必要なマーブル模様がとっても簡単にできちゃうんです!!


【ウォーターマーブル】
1.紙コップに水は入れて、その中に好きなマニキュアを2色以上中央に順番に垂らしていって、爪楊枝でマーブル模様を作ります。


2.好きな模様になったら、指先(爪の根元まで)を入れます。


3.余分なマニキュアを爪楊枝で端へ除けて、水から出すとキレイなマーブル模様に仕上がります。


爪の先の方だけ入れれば、マーブルフレンチネイルになります。
絆創膏やテープをうまく利用すれば、マーブル模様の逆フレンチや斜めフレンチも可能です。


マーブル模様の良さは、使っている色合いは一緒でも1本1本模様が違うのがいいところです。


上手に作るコツは、マーブルを作るまでのスピードが勝負!!
色の順番をきめておいて、フタも緩めたままにしておいて、素早く色が入れられるようにすることと、模様を作る時も迷いなくササッとやってしまいましょう。
モタモタしていると固まってしまうので要注意です。

指についたカラーをリムーバーで、綿棒やウッドスティックを使って丁寧に取り除き、仕上げにトップコートを塗って出来上がりです。

スポンジ

食器洗い用のスポンジやメイク用のスポンジで、グラデーション・キャンドルネイル・デニムネイルをすることができます。


使用するものは好きなカラーのネイルとスポンジだけこれだけで本格的なグラデネイルが簡単にできちゃうんです!!


【グラデーションネイル】


1.下準備として、ベースコートを塗り爪の根元と左右にテープを張っておきます。


2.爪の大きさに合わせてスポンジをカット。


3.グラデーションになるように2・3色のマニキュアを順番にスポンジにたっぷり塗ります。


4.ペーパーに軽く当てて色をなじませ、爪にポンポンと2回から3回押し当てます。


5.乾く前にトップコートで色をなじませ、乾いたら完成!!
トップコートが色の境目をぼやけさせるので、キレイなグラデーションになるのです。

*スポンジに載せたマニキュアはすぐに乾いてしまうので手早く行いましょう。



【デニムネイル】



用意するものは、青系のネイル(1色から2色)・白のネイル・目が粗いスポンジ


1.ベースにする青系のネイルを塗っておきます。


2.スポンジに白orもう1色の青系ネイルをスポンジにつけて、全体をポンポン叩くようにぬります。


3.次は色を変えて同じようにポンポン。
今度は全体ではなく、外側だけにしてみたりして全体の雰囲気を見ながら塗っていきます。


4.最後にステッチを書いたり、ロゴや模様、ストーンを置いたりデコレーションしたらトップコートを塗って完成!!



【キャンドルネイル】
この冬注目のキャンドルネイル。コレもスポンジを使ってできちゃいます。


用意するのは、白のネイルカラーとお好みのネイルを3.4色とメラミンスポンジ、マットタイプのトップコートです。


1.ベースコート後、白のネイルを塗っておきます。


2.メラミンスポンジの角をちぎって、マニキュアを1色つけて凹凸がある部分で塗っていきます。


3.白色のベースが残るようにランダムにポンポンして、次のカラーもランダムにポンポンしていきます。


4.最後に、白でポンポンしてトップコートを塗って出来上がり!!


*ポイントは色に濃淡をつけながらポンポンすることと、マットタイプのトップコートを使うとキレイなキャンドルネイルになります。



関連記事
セルフネイル派女子が多いワケ
初心者でも簡単にできるセルフネイルアートデザイン
不器用でも大丈夫!!マニキュアを上手く塗るコツ


おすすめ☆セルフジェルネイルキット
【JELLY NAIL ジェルネイルスターターキット】
【ソルース ジェルネイルキット(Basic)】


<<<前の記事 初心者でも簡単にできるセルフネイルアートデザイン



>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ