ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

あきらめないで!!本当にネイルサロンが必要な人は短かい・薄い・弱い爪の人なんです!!

ネイルサロンへ通っている人のイメージって、爪が長くてキレイ。そんなイメージを持っているのはワタシだけでしょうか??



深爪・噛み癖、巻き爪、反り爪、爪が薄い・弱い人など爪にコンプレックスがあるひとこそ、実はネイルサロンが必要☆


ネイルサロンはキレイなひとがいくところではなく、キレイにしたいひとが行く所。
爪に関して何らかの悩みをもっているひとが通うところなのです。


深爪だから、爪が弱くて二枚爪だから恥ずかしくて通えない・・・なんて思っていませんか??
ネイルサロンの中には、深爪など爪の矯正や強化を重視したコースがあるところもあり、外側から爪を強く長くしていくことができるのです。


ワタシ自身も、爪が極端に薄く店舗指で軽く押すとクニャと曲がってしまいます。その上二枚爪。
調子よく伸びてきても、爪先から表面がめくれてしまって、切らざるおえない・・・の繰り返しでなかなか伸ばすことも困難です。


二枚爪を見つけたらファイルで表面を削ってめくれてこないようにしたり、爪まわりにキューティクルオイルを塗るなどの対策をしていますが、一向に爪が強くなる気配はありません。


なので、ある程度の長さになったらベースコートだけでも塗って、折れない・二枚爪にならないようにしています。



ネイルサロンにかよっている友達のキレイな爪にあこがれて、ジェルネイルをしてみようと思ったのですが、爪が薄い人はオフするときに自爪が剥がれてしまうこともある。と聞いて怖くて出来ませんでした。


でも、とあるネイルサロンのHP(ホームページ)を見ていると、爪が薄く弱い人にもできる!とありました。
どうやら、聞いていた話しとはちょっと違う・・・??


最近は、自爪に優しい、サンディングが不要、オフの負担も少ないジェルネイルが出てきています。
そのため、自爪が薄かったり弱い人でもジェルネイルをすることができるということのなのです。



でも、ジェルネイルならセルフでもいいのか?というとそうではありません。ちゃんと知識と技術をもったネイルサロンで行うことが絶対条件です。


また、爪が小さい人や深爪の人用の矯正メニューなども人気☆
スカルプチュアで長さ出しをすることで、深爪や爪が小さくてもキレイな爪に見せながら、その間に爪を伸ばしてネイルベッド(爪のピンクの部分)を大きくしていくのです。
定期的なメンテナンスをしながら、3ヶ月から半年くらいかけて矯正していきます。

そして、深爪の人は爪噛み癖をもっているひとが多く、人工爪にすることで爪噛み癖もなくすことができるのです。



人工爪は、硬いから噛めない。というのもありますし、薬剤からできているので美味しく?ありません。
また、お金を支払って施術してもらった・綺麗になったから勿体無い。という気持ちもあって、噛み癖がなくなっていくんだそうです。
また、スカルプチュアは病気や怪我が原因で爪が剥がれてしまった時など、医療用の人工爪としても用いられます。


ジェルネイルでの多少の長さ出し(2ミリから4ミリ程度)はできますが、深爪矯正など向きではないようです。


爪が薄い人は、ジェルネイルをしたことで突然爪が厚くなることはありません。ジェルネイルをしている間は厚みもあるので折れたり欠けたりすることはありません。


この間に自爪のケアを行い、健康な爪にしていくことで少しづつ薄さを解消していくのです。
表面からのケアと内面からのケアを行い、長さをキープしながら強化していけるのがメリットです。


こんな爪だから仕方がない。と諦めるまえに、1度ネイルサロンへ足を運んでみてはどうですか??
爪のコンプレックスが解消できるかもしれませんよ☆

関連記事
ネイルサロンで何ができる??セルフではできない サロンの技術
初めてのネイルサロン 行く前に最低限知っておきたい6つのこと
起こりやすい爪のトラブルとその対処法


<<<前の記事 自分に合ったネイルサロンの選び方




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ