ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

施術後のケアは重要!! ネイルを長持ちさせる秘訣

サロンでジェルネイルしてもらったた、基本的には3週間から1ヶ月程度持つと言われています。



ですが、その後の、爪の扱い方やケアの仕方によっては長持ちしないことも・・・
せっかく施術してもらったなら綺麗な状態で長持ちさせたいと思いますよね!!


ジェルネイルにとっての大敵は、負担・水・乾燥です!!!


爪に負担が掛からないように気をつける

日常生活で指を使うことって多いです。むしろ、使わないわけにはいきません。


ジェルネイルを長持ちさせるためには、必要以上に爪に負担が掛からないよう日常の作業に気をつけることが大切です。


例えば、ダンボールを開けるときにはハサミやカッターを使用する
シールやセロテープは爪で剥がさない
缶のプルトップは開けてもらったり、道具(プルトップオープナー)を使って開ける
重い荷物を持つ時も、爪を引っ掛けないようにする
パソコンのキーボードを打つ時も爪先を使わないように指の腹を使う。



特に利き手の親指・人差し指は使用頻度が高いので最も剥がれやすい箇所なので気をつけましょう。


水との接触は必要最低限に!!


ジェルネイルは水や湿気にも弱いです。


家事での食器洗いや洗濯など水仕事はゴム手袋必須!!


入浴時もシャンプーはシャンプーブラシを使用したり、浴槽に長い時間指をつけないようにするなど、必要最低限水に爪をつけないように注意することも必要なのです。


乾燥はNG!!しっかりと保湿

最大の欠点が乾燥
手洗いの後もタオルなどで水分をしっかりと拭きとって、ハンドクリームで保湿することが必要です。



爪の付け根(キューティクル)にネイルオイルを乗せてマッサージするように塗りこむと、爪に栄養が行き渡り長持ちしやすくなります。


爪の乾燥はジェルネイルのリフトする原因。しっかりと保湿してあげることで長持ちさせることができるのです。


もしも、剥がれてきてしまったら

・絶対に剥がさない
爪の表面も一緒に剥がれてしまって爪が薄くなってしまう原因になる


・自分でオフしない
知識が乏しいため、失敗してしまって爪をボロボロにしてしまう可能性も・・・


この2つは徹底して守りましょう。


リフトしてきてしまったり、折れてしまったなどトラブルが起きたら、サロンへいって適切な処置をしてもらうことが1番です。
自分でどうにかしようとすればするほど、爪は悪い方向へ向かってしまうので気をつけましょう。


関連記事
ネイルサロンで何ができる??セルフではできない サロンの技術
自分に合ったネイルサロンの選び方


<<<前の記事 あきらめないで!!本当にネイルサロンが必要な人は短かい・薄い・弱い爪の人なんです!!



>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ