もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

ネイリストの資格と種類

女性のなりたい職業で人気なのがネイリスト☆



ネイリストへの転職や、趣味やセルフネイルの技術向上のためにネイリストの資格を習得する女性が増えてきています。


でも、実は資格がなくてもネイリストにはなれます☆


今まではセルフで上手にできるから。とネイルサロンを開業することはできますし、また初心者でもネイルサロンで働きながら技術を学ぶ方法もありました。。


資格はないけど経験があれば。という場合もありますが、これからネイリストを目指すのであれば資格は必須です。


ネイルサロンへの就職の条件にネイリストの資格保持やスクール卒業としているところが多く、未経験・無資格でネイリストとして就職することがかなり厳しいです。
資格を取得して会員になれば、新しい技術の講習会を受講出来たりとバックアップも期待出来ます。


では、ネイリストの資格とはどんなものでしょうか??


ネイリストの資格の種類


ネイリストの資格は国家資格ではなく民間資格です。
なので、資格の種類もいくつかあります。


JNECネイリスト技能検定試験


中でも有名なのが一般財団法人 日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)主催「ネイリスト技能検定試験」です。
この資格は内閣総理大臣認定のJNECが認証する資格。試験は3級・2級・1級の段階に分かれています。


3級
初級レベル。勉強して受験すればだいたい誰でも合格できるレベルです。
ネイルケア・ネイルアートに関する基本的な技術や知識が必要。


2級
サロンで勤務するためには2級以上が必須。
ネイルケア・チペア・チップ・ネイルアートに関する知識や技術があり、サロンワークとして実践できることが合格の基準です。
ネイリスト技能検定試験3級取得者のみ受験出来ます。


1級
国際ライセンスと同等レベル。トップレベルのネイリストが持つ資格。知識や技術が申し分なく、プロとしてサロンで活躍できるレベルです。
ネイリスト技能検定試験2級取得者のみ受験できます。


JNAジェルネイル技能検定試験


NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)主催の「JNAジェルネイル技能検定試験」


この検定は、近年主流となったジェルネイルの資格検定試験です。
ジェルネイルを安心して健全な施術が行えるように、必要な理論と技術の習得を問う為の物です。


初級・中級・上級の3段階に分かれています。


初級
ネイルとジェルネイルに関する基礎知識を持ち、ネイルケア・カラーリングの基本・アートをピーコックまで行えることが合格基準。
*ネイリスト技能検定3級以上の取得者は筆記試験の一部が免除されます。


中級
プロとしてネイルケアとジェルネイルを施術するために必要な専門的な知識や技術が必要。
グラデーションやフレンチなどサロンで実際に施術することが多い技術ができることが合格基準。


上級
上級の合格率は約45%。
スカルプチュアやチップオーバーレイ・高度なアートが必要でかなりの難関です。
ジェルネイルのすべての技術が必要となります。


INAネイルスペシャリスト技能検定試験

NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション(INA)が主催の「ネイルスペシャリスト技能検定試験」。
学生・初心者を対象としてA級・SA級、プロフェッショナルを対象としたPA・AA・AAA級の2つに分かれています。
ネイリスト技能検定試験のように、ネイル全般に関する知識や技術が必要です。


A級
筆記試験+ネイルケア・ポリッシュでのカラーリングの実技試験で80点以上で合格


SA級
筆記試験+ネイルケア・チップオーバーレイ(アクリリックネイルを使用)・カラーリングの実技試験80点以上で合格。


PA・AA・AAA級
筆記試験+ネイルケア・ネイルチップ・スカルプチュア(クリア・フレンチ)・カラーリング(マット赤・パールホワイト)の実技試験で60点以上でPA級、70点以上でAA級、80点以上でAAA級合格。


INAジェルネイル技能検定試験


NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション(INA)が主催、ジェルネイルの正しい知識や技術習得を目的としてサロンワークで役立つ技能検定試験。


JNAジェルネイル技能検定試験を同じく、ジェルネイルに関する資格検定です。
INAジェルネイル検定試験は3級・2級・1級の3段階。


3級
3級は筆記+実技80点以上で合格。
ネイルケア・プレパレーション(下準備)・クリアコーティング(ベースジェル)・カラーコーティング(マット赤)


2級
2級・1級は実技試験のみ。80点以上で合格。
ネイルケア・プレパレーション・チップオーバーレイ・カラーコーティング(パールホワイト)


1級
ネイルケア・プレパレーション・スカルプチュア・カラーコーティング(フレンチ)


ネイリストに欠かせない資格は??


JNECネイリスト技能検定試験とINAネイルスペシャリスト技能検定試験は、ネイリストとして働くために必要な知識や技術の習得を目的とした技能検定試験。


一方、JNAジェルネイル技能検定試験とINAジェルネイル技能検定試験はジェルネイル専門の検定試験です。


ネイリストとして働くためには、JNA認定ネイリスト技能検定試験の2級以上、INAネイルスペシャリスト技能検定試験A級/SA級の取得を目指しましょう。


ネイルサロン衛生管理士


また、将来的にサロンを開業する場合にはネイルサロン衛生管理士の取得しておくといいでしょう。



ネイルサロン衛生管理士は、NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が定めた正しい衛生管理のガイドラインとなる「ネイルサロン衛生管理自主基準」を普及し、サロン従事者への啓発活動を通じて健康を守る安全。安心なネイルサービス・公衆衛生の向上を目的に作られた資格です。


JNA認定ネイルサロンとして認められるためには必ず1人資格保持者が必要。お客様に安心して来店してもらうための信頼にもなります。
また、転職・就職の際にも持っていれば有利になるかもしれません。


ネイルサロン衛生管理士は、全国で行われる講習を受講し、その後の筆記試験に合格すれば取得できる比較的簡単なもの。
取得してから3年後に継続手続きをすれば永続認定(無期限)なので、取っておいて損はないでしょう。


他にも、JNA認定講師資格試験・バイオスカルプチュアジェルなどの資格試験もありプロのネイリストになってからもどんどんステップアップ出来る資格があります。

関連記事
自分に合ったネイルサロンの選び方
ネイリストの資格を取る方法(ネイリスト養成スクール・通信講座)
資格取得にかかる費用 大手スクール・通信講座の費用を比較
ネイリストの就職先と収入は?独立しても儲かるの??




>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ