もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

ネイリストの就職先と収入は?独立しても儲かるの??

ネイリストの資格を取得したら、どこへ就職することができるのでしょう??


スクール卒業生や通信講座でJNECネイリスト技能検定2級に合格したヒトの約9割はサロンへ就職・残りの1割弱が独立開業なんだそうです。


ネイルサロンの求人の応募条件でよく見かけるのが「JNEC2級以上」の記載。


ネイリストとして働くために必要なスキルを習得できるのがJNEC2級なので、この程度の知識や技術を持っていないと採用されることは難しく、逆にJNEC2級以上持っていれば就職に有利ということなのです。



就職先はネイルサロンはもちろん、美容院はネイル部門が併設されているところが増えてきていて美容院へ就職するヒトも多いようです。
また、美容師さんがスキルアップのためにネイリストに資格を取るヒトも増えています。


サロンに就職したネイリストさんのお給料の平均は約18万円。
スキルと経験を積んで店長クラスになると約30万円から40万円が平均的な月収のようです。


ネイリストさんは美容師さんのように基本的にお客さんからの指名もあります。歩合給システムのサロンも多く、指名が増えれば給料も上がるのでやる気はUPします。
技術力のUPも当然必要なので、資格を取れば昇給の可能性もあるでしょう。


とにかく、努力次第ということです(笑)


そして、ブライダルサロンやエステサロンでもお仕事できます。
雇用形態が常駐という所は少なく呼ばれたら行く。というフリーランスという形態になるようです。
副業としてや主婦向けの働き方ですね。


この場合委託業務になり、1件いくらというようなカタチでの収入になってくるでしょう。


そして、独立開業。
自宅やマンションの1室を利用して開業するホームサロン。独立して開業する場合はJNEC1級は欲しいところですね。


独立されたほとんどのヒトはサロン勤務経験者
多くのお客さんの施術をして、経験をつんでから独立するひとがほとんどなのでJNEC2級を取得してすぐに開業はちょっと厳しいようです。


独立開業はホームサロンでお客さんを施術するだけでなく、様々なところへ出張したりセルフネイル講座を開いたり、ネイルチップを作成・販売するなども出来ます。



ネイルチップの作成・販売なら自分の技術に合わせて単価も自由につけられるので、始めやすいかもしれません。
作成する毎にレベルアップもでき、ネットショップなどを上手く活用すると売上もUP出来そうですね。


サロンを開業した場合、1日に平均2人 約10000円の施術で営業日20日間で単純計算すると、40万円の売上になります。
儲かるじゃん!!なんて思っちゃいけません。


ここに、必要経費(ネイルの道具などの備品購入・家賃など)を差し引いて実質的な売上を算出することになります。
また、毎日コンスタントに2人のお客さんが来てくれるとも限りません。


サロン成功の秘訣は、固定客(リピーター)をつくることが重要です。
価格設定や技術だけでなく、他のサロンにはない特化したアピールポイントがあると集客しやすいでしょう。

サロン勤務・サロン開業以外にも、ネイリストの資格が役立つ仕事があります。


JNA認定講師の資格を取得すれば、スクールや通信講座での講師として働く事ができます。また、自分でスクールを開校することも可能です。


そして、ネイル資材のメーカー勤務などネイリストとして働くだけでなく、学んだ知識を活用して就職することもできます。

関連記事
ネイリストの資格と種類
ネイリストの資格を取る方法(ネイリスト養成スクール・通信講座)
資格取得にかかる費用 大手スクール・通信講座の費用を比較


<<<前の記事 資格取得にかかる費用 大手スクール・通信講座の費用を比較



>>ネイルサロン探すなら【ホットペッパービューティー】詳しくはこちら

>>カサカサ・ボロボロの爪に【ツメリッチリペア】詳しくはこちら

>>セルフジェルネイルキット人気ランキングはこちら

ネイルについての基礎知識

 

セルフネイルが人気の理由

 

セルフネイル マニキュア編

 

セルフネイル ジェルネイル編

 

セルフネイル ネイルチップ編

 

セルフネイル スカルプチュア編

 

ネイルサロンデビュー!!ネイルサロンに関する豆知識

 

もっとネイルが上手になりたい☆ ネイリストになる方法

 

おうちで簡単!!ジェルネイルキット

 

おすすめ☆ネイルケアグッズ